人気脱毛サロン7社を辛口評価 人気脱毛サロン7社を辛口評価|全身脱毛完全ガイド
トップ > 家庭用脱毛器

5種類の家庭用脱毛器で人気が高いのはどれ?使用できる範囲や価格を解説

家庭用脱毛器は自宅で脱毛サロンや医療脱毛クリニックに通うのに近い効果を得られるものもあり人気が高いムダ毛のお手入れ方法です。

ケノンやトリア、ノーノーヘアなど知名度の高い脱毛器が増えてきていますが、どのような違いがあるのでしょうか。

この記事では人気の家庭用脱毛器を含む、5種類の家庭用脱毛器がそれぞれどんな特徴があるのかを調査、口コミから人気の家庭用脱毛器も調べてみました。

5種類の家庭用脱毛器の違い

まずは家庭用脱毛器の5種類を簡単に比較してみます。

家庭用脱毛器の種類 特徴
光タイプ(フラッシュタイプ、IPLタイプ) 脱毛サロンとおなじ方式のフラッシュの光で抑毛、減毛させる
〇 家庭用脱毛器で一番人気が高い
〇 痛みが少ない
〇 お手入れ時間が短くて済む
〇 安全性が高い
× 脱毛サロンよりは効果が低い
レーザータイプ 医療脱毛クリニックと同じ方式のレーザーで脱毛させる
〇 家庭用脱毛器の中では脱毛効果が一番高い
〇 安全性が高い
× 照射ヘッドが小さいためお手入れに時間がかかる
× 痛みを伴う
サーミコンタイプ(熱線タイプ) 熱線で毛を焼き切って除毛する
〇 肌に直接触れないため肌ダメージが少ない
〇 お手入れ後のチクチク感がない
× 使用できる部位が限られている
× お手入れに時間がかかる
× 医療脱毛クリニックよりは効果が低い
ローラータイプ ローラーで毛を挟んで抜き去る
〇 カミソリなどによる除毛と比べると除毛効果が長い
× 連続して抜くため痛みが強め
高周波タイプ(超音波タイプ) 毛をピンセットでつまんで高周波を流し毛を抜き去る
〇 毛抜きよりも毛穴にダメージを与えずに処理が可能
〇 眉毛などの狭い範囲に適している
× 処理に時間がかかる

家庭用脱毛器は脱毛方式の違いによって5種類に分けられます。

脱毛サロンや医療脱毛クリニックと同じ方式のものもありますが、自己処理を少しレベルアップさせる程度の脱毛器もあるので、自分が求める毛の処理度合いに合わせて、どの家庭用脱毛器を選ぶのが良いか決める必要があります。

では5種類の家庭用脱毛器の特徴をさらに詳しく説明していきましょう。

光(フラッシュ式、IPL)タイプは扱いやすくて効果も高い


画像引用:ケノン公式サイトより

光タイプの家庭用脱毛器は、光を毛のメラニン色素に当てて毛根にダメージを与えることで脱毛効果が得られる方式です。光タイプの脱毛器は、フラッシュ式脱毛器やIPL脱毛器という言い方もされています。

脱毛器の光の照射口が広いため照射面積が広くなり、1部位に照射する回数が少なく、1回の処理が短時間で済みます。レーザータイプの家庭用脱毛器と比べて痛みが少ないのも特徴です。

光脱毛は多くの脱毛サロンでも使用している脱毛方式で、家庭用脱毛器ではサロンほどの出力はないものの、十分に効果を感じているという実際に使用した人の口コミが多いです。

光タイプの家庭用脱毛器のメリットは、コスパが良いことと、サロンへ予約する手間や処理の間隔を空ける必要がないため、通うよりも早いペースで脱毛処理を進められることです。デメリットとしては、自分の手が届きにくい部位は脱毛しにくいという点があります。

市販されている光タイプの家庭用脱毛器は、価格が1~10万円前後と商品の性能によって幅広く、代表的な商品はケノン、フィリップスのルメア アドバンス、ブラウン フラッシュのシルクエキスパート、レイボーテRフラッシュPLUS、スムーズスキンベアなど種類も豊富です。

光タイプの家庭用脱毛器ケノンをチェック

光タイプの家庭用脱毛器の中で最も人気の高いケノンの詳細を見てみましょう。

重さ 120g
1回の脱毛にかかる時間 片足ひざ下のみで約5分 
慣れれば、全身でおよそ90分程度
電源供給 電源コード
連続照射機能 あり
レベル調整機能 10段階
消耗品 カートリッジ
※初回に3個セット
保証 メーカー保証1年(有償で延長可)
脱毛が可能な範囲 メーカー推奨はVまで。顔も可。
IOは自己責任
使用可能年齢 特に制限なし
使用可能な肌質 敏感肌も出力調整で可

ケノンが人気なのは、照射する光の段階を10段階に調節できるところや、オプション購入できる様々なカートリッジに付け替えることで、広範囲の照射や、パワーの強い照射、美顔効果のある光の照射などを切り替えて使用することができる点などです。

レーザータイプは医療脱毛と同じレーザーを使用


画像引用:トリア公式サイトより

レーザータイプの家庭用脱毛器は、レーザーを毛のメラニン色素に当てて毛根にダメージを与えることで脱毛効果を得られる方式です。

レーザー脱毛は医療脱毛クリニックで使われている脱毛法で、光脱毛に比べ出力が強いため、得られる効果も高いです。家庭用脱毛器のレーザーの出力はクリニックほどではないですが、クリニックと同じような脱毛効果を期待できます。

レーザータイプのデメリットは、光脱毛に比べて痛みが強くなることと、家庭用脱毛器ではレーザーの照射面積が狭く、1回でかかる処理時間がどうしても長くなってしまうことです。

レーザータイプの家庭用脱毛器にはトリア、ヤーマンのフォトレーザーシグマ、コスメティックレーザー、エピラEXなどがあり、価格は15,000円〜5万円ほどです。

医療脱毛クリニックに通うことを考えると、家庭用脱毛器はコスパの面ではかなり良いですが、レーザーの痛みや出力の強さを考えると、広い範囲はクリニックで、脇や指などの狭い範囲を家庭用脱毛器で脱毛すると良いでしょう。

レーザータイプの家庭用脱毛器トリアをチェック

レーザータイプの家庭用脱毛器の中で知名度の高いトリアの詳細を見てみましょう。

重さ 590g
1回の脱毛にかかる時間 片足ひざ下のみで30分
電源供給 コードレス(充電式)
連続照射機能 なし
レベル調整機能 5段階
消耗品 なし。
内蔵電池は最大500回充電可
保証 30日間の返金保証
脱毛が可能な範囲 体はIO以外。顔は鼻から下
使用可能年齢 18歳以上
使用可能な肌質 黒く日焼けした肌は不可

トリアの大きな特徴は医療脱毛クリニックで照射するレーザーと同じ種類のレーザー照射できるという点です。

パワーは家庭用なので抑えめに作られていますが、長期的に使用することでほかの家庭用脱毛器よりも高い脱毛効果が得られます。

ただしトリアは照射口が小さいため、広い範囲の照射には不向きで、手軽さではケノンには負けています。

サーミコン(熱線)タイプは熱で焼き切る除毛スタイル

サーミコンタイプの家庭用脱毛器でできることは、熱線で毛を焼き切ってムダ毛を処理する脱毛器で、得られる効果は脱毛ではなく除毛です。
熱線を使用する脱毛器なので熱さは感じますが、痛みはなく、電気シェーバーやカミソリのようにスピーディーに処理が進みます。

サーミコンタイプの脱毛器は熱で毛を焼くため、電気シェーバーやカミソリの処理とは違って、処理後の肌がチクチクせず肌荒れも起きにくいのが特徴です。

サーミコンタイプの家庭用脱毛器には、有名なノーノーヘアーのほかに、SARAIEや、デピタイムなどがあり、価格は15,000円〜30,000円ほどです。

サーミコンタイプの家庭用脱毛器ノーノーヘアスマートをチェック

サーミコンタイプの家庭用脱毛器ノーノーヘアの中でも人気の、ノーノーヘアスマートの詳細を見てみましょう。

重さ 105g
1回の脱毛にかかる時間 1箇所2分、全身30分が使用目安
電源供給 コードレス(充電式)
連続照射機能 シグナルライトに合わせたスピードで肌の上を滑らせるだけの自動トリートメント
レベル調整機能 3段階
消耗品 サーミコンチップ
保証 メーカー保証1年
脱毛が可能な範囲 頭髪、顔、胸、粘膜などのデリケートゾーン以外
使用可能年齢 特に制限なし(未成年は保護者監督のもと)
使用可能な肌質 アトピー性皮膚炎や日焼け後は不可

ノーノーヘアはカミソリなどでの自己処理に比べると肌への負担が少ないのでおすすめですが、使用できる部位が限られていて、顔や、胸、VIOの粘膜部分にはなどには使用することができません。

デリケートな部分はお手入れしないという方には良いですが、顔やVIOこそ自宅でお手入れしたいという人には向きません。

ローラータイプは毛を抜き取って除毛

ローラータイプの家庭用脱毛器は、電気シェーバーのように肌の上を滑らせることでローラー部分が毛を抜きとり、お手入れができる脱毛器です。
ムダ毛を剃るのではなく抜くため、自己処理の頻度が剃るよりも減りますが、脱毛サロンや医療脱毛クリニックのような脱毛効果はありません。脱毛器のヘッドの大きさの分の毛を一気に抜くことができますが、毛を抜来とっていくので、お手入れには痛みも伴います。

ローラータイプの家庭用脱毛器で有名なものは、ソイエやシルクエピルなどがあり、おおよそ13,000円前後で販売されています。


ローラータイプの家庭用脱毛器ソイエをチェック

ローラータイプの家庭用脱毛器の中で知名度の高いソイエの詳細を見てみましょう。

重さ 170g
1回の脱毛にかかる時間
電源供給 コードレス(充電式)、
リチウムイオン電池
連続照射機能
レベル調整機能 3段階
消耗品 替刃
保証 メーカー保証1年
脱毛が可能な範囲 腕、足、ワキ、ビキニライン
使用可能年齢 特に記載なし
使用可能な肌質 アトピー性皮膚炎や皮膚疾患の方は不可

高周波(超音波)タイプは眉毛など小さな部位を脱毛したい人におすすめ


画像引用:楽天より

高周波(超音波)タイプの家庭用脱毛器は、ピンセット状の部分で毛をつまみ、毛に高周波を流すことで毛根を熱処理して脱毛効果が得られるものです。高周波脱毛の歴史は古く、脱毛サロンや医療脱毛クリニックでも以前から使用されてきた実績のある脱毛法です。

家庭用脱毛器の高周波は痛みはほとんどありませんが、1本1本をつまんで処理を進めていくため、自分でおこなうには時間も手間もかかります。高周波脱毛法は眉毛やデリケートゾーンなどの狭い範囲の脱毛におすすめです。

高周波(超音波)タイプの家庭用脱毛器にはエムジョイやチャームエコーなどがあり、価格は1万円前後です。

高周波(超音波)タイプの家庭用脱毛器エムジョイをチェック

高周波(超音波)タイプの家庭用脱毛器エムジョイの詳細を見てみましょう。

重さ 70g
1回の脱毛にかかる時間 毛1本につき20〜30秒
電源供給 ACアダプターもしくは乾電池
連続照射機能
レベル調整機能
消耗品 なし
保証 1年間の品質保証
脱毛が可能な範囲 顔含め全身可
使用可能年齢 特に制限なし
使用可能な肌質 特に制限なし

5種類の家庭用脱毛器で人気が高いのは光タイプ

家庭用脱毛器を使用している方にアンケートをとり、どのタイプの脱毛器を使用しているのか調査しました。

結果は光タイプがダントツの多さで4割を占める結果となりました。手軽で使い勝手の良いケノンの人気によるところが大きいですが、様々なメーカーから販売されていることや、価格の幅が広いことなども人気の理由といえそうです。

ノーノーヘアでは脱毛できない!口コミから脱毛効果や痛みをチェック

家庭用脱毛器で知名度の高いノーノーヘアですが、抜けない、焦げ臭い、など使用感に不満を感じている声も多く見かけます。 この...
599 views

ケノンの脱毛効果を口コミから調査!脱⽑回数やカートリッジの詳細など詳しく解説

人気の高い家庭用脱毛器ケノンの口コミを調査し、実際の脱毛効果や、肌トラブル、痛みなどについて調査しました。 5種類あるカ...
684 views

家庭用脱毛器トリアの脱毛効果や使い方。VIO やヒゲにも使える?頻度や寿命について

トリアは家庭で本格的に脱毛することができる家庭用レーザー脱毛器です。 これからトリアを買おうと思っている人やすでにトリア...
636 views

自分で自宅脱毛が出来る家庭用脱毛器の欠点

自宅で完璧に脱毛するのはムリ?お家でこっそりできるのが魅力の家庭用脱毛器。ちゃんと満足いくまで脱毛できれば最高ですが、実は落とし穴が?コストや効果だけではなく、見落としがちな家庭用脱毛器の欠点を暴露します!
2557 views

家庭用脱毛器には永久脱毛効果はないので注意!

光タイプ、レーザータイプ、高周波(超音波)タイプの家庭用脱毛は医療脱毛クリニックのレーザーや脱毛サロンのフラッシュの光と同じ光を照射することができます。

しかし、家庭用脱毛器は自分で照射しても危険がないように、弱いパワーしか出すことができない設計になっています。家庭用脱毛器に永久脱毛の効果はなく可能なのは抑毛や減毛効果のみです。

サーミコンタイプや、ローラータイプの家庭用脱毛器は、シェーバーや毛抜きのように今、生えている毛を取り除いているだけなので得られるのは除毛効果のみです。

どの家庭用脱毛器であっても、いったんお手入れを完了してからある程度の時間がたつと、徐々にもとの毛の状態へと戻ってくので、その時は再度お手入れをする必要があります。

家庭用脱毛器はジェルを使用する?

脱毛サロンや医療脱毛サロンでは脱毛の施術時にジェルを塗りますが、家庭用の脱毛器を使うときには基本的に必要ありません。

ジェルを使う目的は、脱毛時の痛みの軽減や、熱による肌への負担を減らすためですが、家庭用脱毛器の場合はサロンやクリニックの脱毛器ほどの高い出力を出すことができないので、基本的には不要となっています。

販売されている家庭用脱毛器には専用の保冷剤がセットになっているものがあり、その場合は保冷剤でお手入れをする部分を冷やしてから照射を行うので、ジェルがなくても痛みや肌トラブルを防ぐことができます。

光タイプの脱毛器ケノンの公式には、高い出力で使用する際には「化粧成分の含まれないクーリングジェルなどをご利用頂いても構いません」となっていますのでケノンであれば使用することが可能です。もし痛みが本当に苦手な人や、肌が敏感で不安な人で、ジェルを使用したいと考えているのであれば、使用したい家庭用脱毛器がジェルの使用可になっているかをチェックしましょう。

家庭用脱毛器で自己処理するメリット

  • 自分の都合でいつでも気軽にお手入れできる
  • サロン、クリニックより安く済ませられる
  • 肌や気になるムダ毛を他人に見せずに、自分だけで処理ができる
  • カミソリや毛抜きでの自己処理を繰り返すよりも肌への負担が少ない
  • 回数無制限に処理ができる
  • 全身脱毛のコスパが良い
  • 脱毛器が自分専用なので衛生面で安心

家庭用脱毛器を持っていることで、いつでも自分の好きなタイミングにムダ毛のお手入れができるのが最大のメリットですね。

1度脱毛をしたけど数年後また生えてきたという場合にも、お金をかけずに再び脱毛できるのは安心です。

家庭用脱毛器で自己処理するデメリット

  • 全身脱毛は1回90分以上かかってしまう
  • 手の届かない部分の処理がむずかしい
  • 肌トラブルが起きても自己責任
  • 効果がでるまでに時間がかかる
  • 定期的にお手入れするマメさが必要

お手入れが比較的早くできるケノンでも全身脱毛をしようとすると1回90分以上は時間が必要になります。また手の届かない背中やうなじ、Oラインに使用したい場合は、誰かに手伝ってもらうか、鏡を見ながら自分でやるしかありません。

サロンやクリニックと同じ種類の光やレーザーでお手入れできるものもありますが、パワーは弱めなので効果が得られるまでは、長期的な使用が必要になります。

編集部CHECK

脱毛サロンや医療脱毛クリニックに通うより安い価格で、自分の好きな時にいつでも脱毛できるのは嬉しいわね!普段の自己処理を少しグレードアップしたい人に家庭用脱毛器はおすすめよ。


※この記事に掲載している情報は2019年2月調査時点の内容です。
Ranking 脱毛サロン一覧
キレイモ
キレイモ 月額
月額制の全身脱毛ならキレイモがお得!多くの部位を脱毛したい人におすすめできるキャンペーンを実施中のキレイモです。
銀座カラー
銀座カラー 月額3,300円
老舗の脱毛専門サロン!全身脱毛は安さより効果を重視するという人におすすめ!
ストラッシュ
ストラッシュ 月額7,980円
全く痛くない脱毛方式でツルツルに!
シースリー
シースリー 月額
月々の負担金も安い!納得するまで通い放題の全身脱毛
ミュゼ
ミュゼ 全身20ヶ所
500円
初回web予約限定でお得に脱毛が始められるキャンペーンがいっぱい!
ページのトップへ