人気脱毛サロン7社を辛口評価 人気脱毛サロン7社を辛口評価|全身脱毛完全ガイド
トップ > 脱毛サロンの疑問を解決 > 小学生でも脱毛できるサロン!子供はいつから脱毛できる?

小学生でも脱毛できるサロン!子供はいつから脱毛できる?

ムダ毛に悩む小学生が、解決策として脱毛を選択することも増えてきています。

この記事では、脱毛サロンは何歳から脱毛が可能なのか、小学生でも脱毛ができるサロンはどこなのか、肌へのダメージやリスクはあるのかなどについて解説しています。

小学生の肌でも優しく脱毛できるディオーネ

Dione(ディオーネ)

肌にやさしい脱毛で人気のディオーネは、脱毛が可能な年齢に制限がありません。3歳の子どもへの施術をした実績があり、小学生なら問題なく脱毛を行うことが可能です。

ディオーネは「ハイパースキン脱毛」という脱毛方法を採用しています。従来の脱毛方法は、毛の黒色の色素であるメラニンに反応させて脱毛を行うものでしたが、ハイパースキン脱毛は毛の種である発毛因子にだけ作用し、毛が生えるのを元から断つことで脱毛を行います。

光を照射した際の体感は36~38度でじんわりと温かい程度です。熱による痛みや肌への刺激がないので、小学生だけでなく敏感肌な人にもオススメの脱毛方法です。

脱毛を行っている間は日焼けをしないように注意する必要がありますが、ハイパースキン脱毛は日焼けした肌でも施術を受けることができるので、体育の授業や遠足などによって日焼けを避けることがむずしい小学生でも安心して脱毛をすることが可能です。

小学生がディオーネを利用する場合は、カウンセリング時に親権者の同席か、同意書が必要となります。

ディオーネ 全身脱毛12回 72,000円+税

【ディオーネ公式】無料カウンセリングはこちら

キッズ脱毛プランがあるエピレ

エピレ

エステティックTBCのプロデュースする脱毛サロンのエピレには、子供のための「キッズ脱毛」プランがあり、7歳から15歳までの子供が受けることができます。

キッズ脱毛プランは、初めて利用する場合に「ファーストプラン」として2つのお得なプランを用意しています。

「19部位から選べる2カ所脱毛プラン」は19部位の中から2ヶ所を選択し各1回ずつ脱毛を試せるプランで、980円(9,720円相当)で利用することができます。1部位に2回照射を行うことも可能です。
キッズ脱毛の対象部位は、「鼻下、アゴ、胸センター、乳輪まわり、お腹、ヘソ周り、ビキニライン(上・両サイド)、両ヒザ、両脇、手の甲・指、足の甲・指、ヒジ上、ヒジ下、首うしろ、背中(上・下)、ヒップ周り」です。

「両ワキ脱毛6回プラン」は、500円(13,500円相当)で両脇を6回脱毛することができるプランです。エピレでキッズ脱毛をする場合は、施術の前後2週間は日焼けNGです。肌が黒く日焼けした場合は施術を断られてしまうことがあります。また肌に炎症があったり、予防接種の前後4日間も施術ができません。小学生がエピレを利用する場合は、カウンセリング時に親権者の同席が必要となり、ファーストプラン以外の契約をする場合も同じく親権者の同席が必要となります。

エピレ 全身トータルプラン12回 344,700円+税
【エピレ公式】無料カウンセリングはこちら

人気脱毛サロンごとに小学生の利用が可能かチェック

小学生でも脱毛することは可能ですが、中には年齢制限があったり生理がきていることが条件の脱毛サロンもあります。

脱毛サロン 小学生の利用
ディオーネ
エピレ 〇 7歳以上
キレイモ 〇 生理がきていることが条件
銀座カラー ×
シースリー ×
ストラッシュ 〇 生理がきていることが条件
コロリー 〇 生理がきていることが条件
ミュゼプラチナム 〇 生理が順調にきていることが条件

ディオーネや脱毛ラボは年齢制限がないので小学生以下であっても問題なく脱毛することができます。エピレやTBCでは7歳以上であれば脱毛が可能なので、小学生1年生の間に脱毛をスタートすることができます。

生理がきていることが条件の脱毛サロンが多く、キレイモや、ストラッシュ、コロリーなどがあり、ミュゼプラチナムは生理が順調にきていることを条件としています。生理がくる年齢は10~13歳ごろが多いので、小学校高学年から中学生くらいまで待つ必要があります。

小学生が脱毛サロンを利用する場合、親の同意書や同席が必要になるケースがほとんどです。

小学生で脱毛するリスク

親からすると小学生の脱毛は体への影響が心配ですし、費用が高額なのではないかというのも気になるところです。

脱毛による子どもの体への悪影響はないと言われているので、今のところ健康や成長への心配はないでしょう。ただし小学生は成長期の途中段階なので、脱毛効果が得にくかったり、脱毛を完了したと思ったのに、成長に伴い新たな毛が生えてくることがあります。

本来は小学生のように早い年齢から脱毛するよりも、二次性徴の終わる17~18歳ごろから脱毛するほうが、効率よく脱毛を行うことができます。

医療脱毛クリニックの現役ドクターからアドバイス

たかがムダ毛と思うかもしれませんが、小学生であってもムダ毛に真剣に悩む子どもたちが増えています。
ムダ毛のせいで、友達に馬鹿にされたり、いじめの原因となるケースもあります。

また正しいムダ毛の処理方法や、処理後のケアを知らないまま、雑な自己処理を繰り返してしまうと、肌にダメージを与えてしまうことがあります。ムダ毛処理に向かないお父さんのヒゲ剃りをこっそり使って、カミソリ負けになってしまうことも・・・

小学生の脱毛は自己処理による肌ダメージを軽減させるだけでなく、ムダ毛へのコンプレックスを解消し明るい毎日を送れるというメリットがあります。

もし子どもがムダ毛に悩んでいるなら、脱毛することもひとつの選択肢として、家族でよく話し合ってみましょう。


※この記事に掲載している情報は2018年12月調査時点の内容です。

この記事を読んだ人に、おすすめの記事
 
Ranking 脱毛サロン一覧
キレイモ
キレイモ 月額
月額制の全身脱毛ならキレイモがお得!多くの部位を脱毛したい人におすすめできるキャンペーンを実施中のキレイモです。
銀座カラー
銀座カラー 月額3,300円
老舗の脱毛専門サロン!全身脱毛は安さより効果を重視するという人におすすめ!
ストラッシュ
ストラッシュ 月額7,980円
全く痛くない脱毛方式でツルツルに!
シースリー
シースリー 月額
月々の負担金も安い!納得するまで通い放題の全身脱毛
ミュゼ
ミュゼ 全身2ヶ所
240円
初回web予約限定でお得に脱毛が始められるキャンペーンがいっぱい!
ページのトップへ